給油ランプ点灯 走行距離

ライフスタイル

車で走っている時に給油ランプが点灯。
「ガソリンスタンド探して給油しないと車が止まってしまう。」
と思ってしまいますよね。

実は、車は給油ランプが点灯してもある程度は走ることができるしくみになっているって知ってました?
一般的に高速道路だと50kmおきにガソリンスタンドが設置されているので、給油ランプが点灯してから50kmは最低でも走れるようになっているとのこと。

車種別に確認してみると
ハイブリッド車の
トヨタプリウスAプレミアムグレードだと残り6.4Lで点灯。
これをカタログ燃費30.8km/Lで計算すると約197km走行できます。

軽自動車の
ホンダNBOXのGグレードだと約4Lで点灯。
これをカタログ燃費21.2km/Lで計算すると約85km走行できます。

SUV車の
トヨタハリアーのGグレードだと約8.3Lで点灯。
これをカタログ燃費14.7km/Lで計算すると約122km走行できます。

ミニバンの
トヨタアルファードのSCグレードだと約10L以下で点灯。
これをカタログ燃費9.6km/Lで計算すると約96km走行できます。

スポーツ車の
日産GT-Rだと約12Lで点灯。
これをカタログ燃費7.8km/Lで計算すると約94km走行できます。

すべての車種を比較しても80kmは走行できるみたいですね。
でも、これはあくまでも机上で計算した距離。
実際はエアコン付けていたり、急発進したりするとその分、燃費は悪くなるので短くなる可能性もあり。
やっぱり、給油ランプが点灯したらすぐに給油した方がよさそうです。

早くコロナが収束して遠くにドライブに行きたいですね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました